こまの雑記

気をつけろ!じき、チラ裏になるぞ!!

みんなももっと語れ

救われた言葉やものってのは、人それぞれだから面白いわけで。

それを他人に話したところで伝わるものじゃあないんですが、

それでもその人にとってそれっていうのはとてもとても大切なものなんですよね。

理解されないとわかっていながらもね。

 

私が前職を愛し過ぎていて、超絶ブラック志願兵になっていたのには

やはりそれだけの理由もあるわけです。

仕事に救われていたのですよ、あの時期。

ものすごくものすごく大事にしてたものが私の中で爆発四散したことがあったんですよ。

現実を突きつけられてね。

それが社会人1年目にまんまとだぶってね。

もう、我武者羅に仕事するしかなかったんですよ。

その四散したかけらを無視して生きるためにはね。

馬鹿だからそうするしかなかったわけです。

それでもついてこなかったから、「仕事で死ぬまであれば必ず報われるで!多方面!」という

呪文まで唱え出す始末でね。

そこまでしないともうね駄目だったのよ!当時は!

結局その半年後に異動なりなんなりで本当に死ぬぞの境地にまで達したんだけど、

まーたその頃にね、かけらが追い討ちをトドメを打ちにきたんですよ。

それでね、第一次ぶっ倒れ病院送り事変がね。

やっぱり気力だけじゃ人間賄えませんよ!

社会は殺しにやってきているから!

でも結局それキッカケで大好きな仕事できなくなっちゃったからね。

支えすらも失くしたわけです。

生きるの下手くそなんだよね〜本当に。

 

あの頃の落ちぶれっぷりたらなくてね。

正直、大学時代の友人たちと

某動画サイトでの作品や人との出会いがなかったら、今の時点でここまで復活はしていないだろうなと。

あの頃は今思えば本当に頭おかしくなってて、理解の範疇超えてたんだけど

それでも今でも仲良くしてくれている人たちもいて

変わらず面白い作品も残っていて、なんなら進化すらしていて。

私は本当にしあわせだなぁと思うんです。

しあわせに囲まれているんだなぁと。

じゃなかったらきっとあの福岡の1DKでおっちんでたと思いますよ。本当に。

今だから笑って言えるけど、本当に辛かったからな〜あの時!

本当にしんどかったからな〜〜!本当に!

 

私は私を大事にしてくれている人やものを大事にしようと思いますよ。

理解されずともよ。

救われたんでね。

かけらにも仕事にも某動画サイト関連にも。

全部ひっくるめて大事大事にしますよ。

大事にしてもらったんで。